冷凍ストッカーの売買の留意点

  • 2016年12月16日金曜日

厨房の冷凍ストッカーは、長く店舗を運営していれば買い替え時というものがやってきます。買い替える理由が故障の場合もあるかもしれませんが、店舗が繁盛してきて冷凍スペースが不足してくる場合もあります。一台増やしても置く場所が無い場合は容量の大きな商品と入れ替えるという方法もあります。不要な機器を少し手も高く売るために以下の点をチェックして下さい。

綺麗に掃除しておく

日頃から適度な清掃を心がけて置く事。清潔に使用するようにして、汚れの無い状態で売却する。

説明書、付属品などをそろえておく

使っているうちにどこかに行ってしまわないように、説明書はきちんと保管しておくこと。また、付属品も自分の店舗では使わなかったものも、新しい購入先で使う可能性があるので、残しておく方が高値で買い取られる。

購入に際して

基本的に自分の店舗に適切なものを選ぶ必要があります。注意点でもあるように、中古の厨房機器を買う際にも年式が古いもの、付属品が不足してるものなどありますから、よく見て選ぶ必要があります。年式に関しては、「購入してから何年くらい使用する目途があるか」まで考えて選ぶと良いでしょう。また、冷却方式や扉の開閉など、様々な種類があります。

搬入経路の確認や設置場所に小さな突起物や障害物があると設置できない場合もあります。入念に選定するようにしましょう。特に冷却方式の違いによっては、食べ物が乾燥しやすくなりますから気を付ける必要がありますから、注意が必要です。

冷凍ストッカー中古

飲食店開業についてのお悩み解決は近畿厨房にお任せください!!

飲食店開業・厨房に関することなどまずはお気軽にお問い合わせください